理想の新築一戸建て

消費税もかかる?

消費税もかかる?

消費税もかかる? 新築一戸建てを購入するには、物件の金額だけでなく、その他諸費用がかかります。
この諸費用の部分で大きく損をする人・得をする人の差が出ることがあります。
契約書に貼り付ける収入印紙代は1万円から2万円程度であり、法律で決められているので差はできません。
仲介手数料は不動産会社の唯一の利益ですが、節約できる可能性も高いです。
仲介手数料は売主と買主の両方からとることができますが、売主だけからだけとるようにすることで仲介手数料無料にしている物件もあります。
所有権・抵当権登記のための司法書士報酬も必要になりますが、自分で登記の手続きをすることで節約可能です。
住宅ローンを組む場合にはローンの保証料や事務手数料、利息などがかかります。
土地は消耗品ではないので消費税の対象ではありませんが、マンションや一戸建ては課税対象です。
新築一戸建てはすべて消費税込みの価格ですので気づかない人もいますが、実は消費税も含まれているということは覚えておきましょう。

新築一戸建てを購入するときに気を付けたい注意点

新築一戸建てを購入するときに気を付けたい注意点 夢の新築一戸建てを購入するするにあたり不動産屋、新聞の広告等で情報を得て計画を立てますが、その時に気を付けたい注意点があります。
当然新築一戸建ての売り出し価格をみて買う意思決定をすると思われますが、実際に住宅を購入するときにはさまざまな費用が掛かり売り出し価格だけでは手に入れることはできません。
不動産仲介手数料・所有権移転の登記費用・ローン事務手数料・保険料などの諸費用が掛かりますのでそのことを念頭にとどめて計画を立てないと資金計画が大きく狂ってしまいます。
諸費用は物件により異なりますが6%から10%を見ておくと良いでしょう。
あと忘れていけないのが不動産取得税です。
取得してから半年ぐらいに各都道府県から納税通知書が届きますが忘れたころに来ますので金額を見て驚かれる方もいるのではないでしょうか。
不動産取得税は土地及び住宅で平成33年3月31日まで軽減税率が適用され不動産評価額の3パーセントになっています。
こういった諸費用はどうしても忘れがちですので気を付けましょう。

新着情報

◎2019/7/10

新築一戸建てを購入するときの注意点
の情報を更新しました。

◎2019/5/14

現在の年収で買える戸建
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

消費税もかかる?
の情報を更新しました。

◎2018/12/19

平屋を建てるポイント
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

新築一戸建て入居の流れ
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「新築 費用」
に関連するツイート
Twitter

新築のうちから、老朽化に関する費用も計算していれば大丈夫ですが、計算していなければ、老朽化とともに、費用が増加してきて、家賃収入も落ちていって、収入が圧迫されていきます

Twitter中井と不動産投資講座@fud_dousan

返信 リツイート 18:14

新築一戸建てを購入の際に販売価格に含まれていないもの、意外とあります。 建物表題登記の費用9万円くらい必要です。 建物の表題部を作る登記ですが、土地家屋調査士に依頼します。 表題部が登記されていないと所有権の保存登記ができません。 必ず必要ですが、意外と説明を受けていない費用です。

Twitterとし@たくみ総合企画@vista1321

返信 リツイート 18:07

初期費用がちょっと高かったけれど、新築物件にして良かったと思うのは浴室乾燥が出来るから梅雨の時期でもどんどん洗濯出来ることだな。

Twitterルリビタキ:橋本@u1eM3CfJIl7JWj6

返信 リツイート 17:43

【結局いくらかかるん?】新築建替えの費用は結局いくらかかったのか? bit.ly/1leJtV2 #家 #建て替え #1500万円 #費用

Twitter新築建替え1500万円@1500manenhouse

返信 リツイート 16:01

同意しかありません!定年後なら家のサイズも小さくてすみますし。働き盛りに新築を買っても定年後高齢者が快適に住まうためにはリノベが必要。でもローン返済と維持費捻出が精一杯で、定年後のリノベ費用までなかなか積立できない。

[過去記事] タマホームと契約する上で抑えるポイントと掛かった初期費用の話【マイホーム】naoyu.net/contract-tamah… #タマホーム #tamahome #マイホーム #新築 #一軒家 #一戸建て #リフォーム

Twitterナオユ@年子育児・副業&ブログで稼ぐマン@naoyunet

返信 リツイート 10:30

新築のうちから、老朽化に関する費用も計算していれば大丈夫ですが、計算していなければ、老朽化とともに、費用が増加してきて、家賃収入も落ちていって、収入が圧迫されていきます

Twitter中井と不動産投資講座@fud_dousan

返信 リツイート 5:43

返信先:@commu_d 情報ありがとうございます。新築時から41年、ずっと使い続けている電気温水器はいつまで持つか。なまじ使えているので費用はあっても交換する気がないという……

なぜそうしたかというと、家は新築したその日が最高で、後は朽ちるしかないから。周りの住宅を見ればそれは明らか。屋根は日に焼け壁はくすみ、水回りは古くなる。維持していくための費用は自己負担。

不動産先取特権の登記時期/事項 ①保存先取特権:保存行為完了後直ちに/債権額 ②工事先取特権:工事前(新築工事の場合も同様。工事着手後の登記は無効)/工事費用予算額(超える部分につき効力なし) ③売買先取特権:売買契約(所有権移転登記)と同時/未だ代価,利息の弁済がない旨

Twitter民法bot@司法書士試験@Civil_lawbot

返信 リツイート 昨日 19:46